それでは横浜での不用品回収の流れを見てみましょう。

先ずは横浜の不用品回収の連絡先を調べてください。

電話かネットで、不要品回収の申し込みが出来るかと思います。

横浜の場合、大きさで回収費用が変わります。

基本的には大きい物ほど費用も割高になります。

処分費用を確認したら、今度は回収日を決めます。

回収日はある程度限定されているケースが多いので、自分の都合に合わせあられない場合もあるので注意しましょう。

回収日が決まったら、それまでにごみ処理券を購入しましょう。

ごみ処理券はコンビニや郵便局で購入可能です。

後は回収日の朝に不用品にごみ処理券を貼っておけば、ゴミ処理センターの担当者が引き取ってくれます。

このように、自治体による不要品回収って意外と手間と時間がかかります。

手間も時間もかけずに不要品回収してほしいということであれば、民間の不要品回収業者を利用するのもよいでしょう。